HOME >>

カニの主な種類とレシピ

津居山ガニ

兵庫県北部の豊岡市の津居山、その津居山の港で獲れたカニを津居山がに(ついやまがに)といいます。種類は、ズワイガニです。ズワイガニを産地ごとに識別できるようにされてから、津居山ガニに付けらるタグは青です。この青いタグを付けれらたズワイガニが正真正銘の津居山ガニなのです。

津居山ガニの漁期は、11月6日から翌年の3月までと決められています。津居山ガニと呼ばれるのはオスだけで、メスのズワイガニの漁期は11月から翌年の1月までと、同じズワイガニでもオスとメスによって漁期が違います。これは産卵期のせいでしょう。

津居山ガニを楽しみに来てくれるお客さんのために、漁期に合わせて城崎温泉では、毎年「カニ王国」が開催されて多彩なイベントが行われています。津居山ガニを味わうともに、そちらのイベントも楽しまれてはどうでしょうか。

ただ、津居山で獲れるカニの量は少なく、どうしても輸入のカニに頼らざるをえず、宿で出されるほとんどは輸入物というのが現実だそうです。

津居山の「城崎温泉」で出される美味しいカニ鍋のなかに、カニ雑炊があり簡単に作れますのでご紹介します。

ご飯はざるに入れて水でさっと洗い、椎茸を適当な大きさに切り、沸騰させただし汁の中に入れます。ご飯がふっくらするまで弱火で煮ます。そこにほぐしたカニの身と薄口しょうゆとみりんを加え沸騰したらざっとほぐした卵を回し入れ、器に盛って出来上がりです。三つ葉をたっぷり添えていただきます。

カニの他、鱈やたくさんの具材を入れたカニ鍋もいいですが、こんなシンプルなカニ雑炊もまた違った味わいがあります。これだったらヘルシーで、夏の弱った胃にも、風邪を引いて弱っている胃にも優しいカニ雑炊です。