HOME >>

カニの主な種類とレシピ

隠岐松葉カニ

山陰地方の日本海側の京都府、兵庫県、島根県、鳥取県で水揚げされたズワイガニの雄を、松葉ガニと呼ぶのですが、さらに島根県の隠岐諸島近海で獲れたものを【隠岐松葉かに】と呼びます。

そして、隠岐諸島近海で獲れたものというだけではなく、大きさや質で基準をクリアして始めて【隠岐松葉カニ】と呼ばれるのだそうです。カニに対してのすごいこだわりなのですが、裏を返せば日本人の多くがそれだけカニに深くこだわっているということではないでしょうか。

それを裏付けるように各地のカニの漁場では、産地直送の通販が盛んで家にいながらにして新鮮なカニが手に入りますし、お歳暮他贈答に利用する人がたくさんいます。

このたくさんのカニの種類をただ食べるのではなく、それぞれの種類にあった美味しい食べ方をした方がいいのだそうですが、完璧にはできないでしょうが、それなりにやってみたいものです。

しまね漁業協同組合がオスすする「隠岐松葉カニ」の美味しい食べ方は、鍋他、焼きガニやお刺身があります。そして、隠岐松葉カニ鍋の食べ方としては、水かあるいは昆布などを入れただし汁を鍋で沸騰させ、さばいたカニとお好みの野菜などを入れて煮立たせて、ポン酢や醤油などで食べる鍋がおススメだそうです。

また鍋に直接薄口醤油やみりんなどを加えて味付けし、「カニすき」としても美味しくいただけるので試してみてくださいとのことです。なお、カニは煮過ぎると硬くなるので煮過ぎないのがコツだそうです。

産地の人がお勧めするこの上記のカニ鍋の作り方をぜひ試してみてください。