HOME >>

カニを贈る

旅先から贈る

海辺の地方に旅行に行ったときのお土産はもちろん海産物ですよね。そしてみなさん、なぜかカニが多く、カニのお土産が定番になっています。

美味しいカニを求めて、長野県の人は新潟や福井まで行くのですから、その地方に行けば当然の如く、カニをお土産にしています。しかも旅先からそのまま贈るケースが多いです。その方が荷物にならなくていいのと、衛生面でも安心していられます。

また、長野県の人は暮れになると新潟県までお正月用の食材を買いに行く人がかなりいます。スーパーよりも安く買えますから、大量に買う時はガソリン代くらいすぐでます。

また、東京のアメ横まで買い出しに出かける人もいます。こちらも新幹線代ぐらいすぐでますからお得ですし、やはり、アメ横の活気は元気が出ます。

私も、今は殆ど東京に行きませんが、以前勤めていた会社では年に何回か東京に行かなければならないことがあって、東京に行っていました。行けば必ずアメ横に行って買い物をしていたのですが、東京駅構内から外で出るときは切符を買わなければいけないのだと思って、わざわざ買っていました。ところが「アメ横で買い物がしたいから」と駅員さんに言えば出してもらえたのでした。だいぶ後になって同僚から聞いたのですが「知らなかったの?」と、呆れられました。そんなことを言われても、知らないものはしりません・・・

アメ横に並んでいる品物の安さには、ただただ驚かされます。暮れに長野県から東京までわざわざ買い出しに行く人の気持ちが良くわかります。カニなどももちろん安いのですが、生のまま長野県まで持って帰って大丈夫なのでしょうかね?

カニだけは産地直送がいいと、個人的には思っています。