HOME >>

カニを贈る

お中元に

お中元に食品を贈る方も多いですが、最近は産地直送の美味しいカニが贈れるので、カニをお中元の品に選ばれる事が多くなっています。

カニ=高級食材というイメージが強くありますから、贈って安心、もらって期待を裏切らないお中元の品と言えます。カニは、ヘルシーでありながら健康効果倍増の野菜をたっぷり入れたカニ鍋で食べてもらいたいところですが、しかし、夏の暑い時にはちょっと無理でしょうか。以前のようになにも考えずにクーラーをガンガンつけていた時とはわけが違います。やはり、遠慮しますよね。

なので、お中元にカニを頂いてもカニさんには悪いですが、夏は鍋にするお宅は少ないとは思いますが、しかし、お歳暮にカニを頂くのは嬉しいですよね。カニのおさしみでビールなんて最高です!

そこで、産地の人に聞いたお中元ギフトとして贈る際の注意点をご紹介します。

第一に気を付けることは、相手の気持ちを察することが、ギフトとしてのマナーとして大切と言います。カニはもらっても嬉しいけれど、相手の環境が多忙だったりすると受け取れないこともあります。食材やもらい物で冷凍庫が一杯で慌てるかもしれません。

これを防ぐには、贈る前にギフトとしてカニを贈ることを贈り先に伝えると、相手の都合も聞けます。ちょっとした気遣いで、ベストタイミングで先様にお届けすることが出来ます。

お中元ギフトとして贈るカニは、結構な量になっていることが多く、場所をとりがちですから他の品物よりさらに注意が必用です。